ビアネージュ

黒ずみの原因は活性酸素が関係している?

 

お肌が黒ずむ原因は、メラニン色素の生成によるものです。

 

お肌の奥に「メラノサイト」というものがあってこれが紫外線と反応することにより、メラニン色素を生成し、結果お肌の黒ずみを招いてしまいます。

 

メラニン色素が生成されるのに「活性酸素」というものが必要になります。
ご存じの方も多いかと思いますが、活性酸素は、酸素の中にもいくらかの割合で存在しており、多く体内に取り入れてしますと様々なトラブルを発生させてしまいます。

 

ここで注目すべきは、「活性酸素がなければメラニン色素は生成されない」ということです。

 

ではどのようにして日常生活から活性酸素を除去していくのでしょうか?

 

活性酸素を減らす方法

 

ストレスを回避する

過度のストレスは体内の活性酸素の量を増やしてしまい、抵抗力を落としたり病気の原因になったりします。
過剰なストレスとなるものは避けて、上手なストレス解消法を身に着けましょう。
深呼吸やストレッチを習慣化するのもいいです。

 

深酒をやめる

適度の飲酒はリラックス効果もあり、逆にストレス解消になります。
しかし、二日酔いになるほど飲むことを繰り返していたら、アルコールが変化したアセトアルデヒドが大量に活性酸素を出します。
お酒はほどほどにしましょう。

 

タバコはやめる

禁煙がブームですが、喫煙量と健康には密接な関係があるのは明らかですね。
同時に喫煙は、大量の活性酸素を放出しますので、本人のみならず受動喫煙者にも害が行きますので注意が必要です。

 

紫外線を極力避ける

現代社会は環境の変化により、季節を問わず紫外線の量が増えています。
紫外線を浴びる時間が長くなると活性酸素が多くなります。
出かける時は日焼け止め対策や帽子を活用するなどして極力紫外線を避けましょう。

 

抗酸化力のあるものを食べる

活性酸素を減らしてくれる、または撃退してくれる食材を食べましょう。
ポリフェノールを多く含むもの・・・ブルーベリー、コーヒー、緑茶、ワインなど
ビタミンC・Eを含むもの・・・野菜やフルーツ、ナッツ類
βカロテンを含むもの・・・緑黄色野菜など

 

 

以上のようなことに注意して、活性酸素を除去したいものですね。
特に、紫外線やタバコはシミやくすみなど直接肌トラブルの原因となりますので注意が必要です。


inserted by FC2 system